人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ヒカル闘病記。



※今日は長文です。
硬い文章になりますがご容赦ください(;><)





元々良く寝る動物のフェレットですが
ここ一年位、割とのんびりしている姿が増えたヒカル。


人間年齢にして60-70歳位だし
小さい頃のようには動き回らないのかな?と思っていました。




d0157704_19261841.jpg

「ぼーーーーー」




ですが、2019年になってすぐの1月6日。



口の端から泡を出して
しきりに口の中を引っ掻こうとする仕草をするヒカル。



今までにない様子に、これはただ事ではないと
慌てて最寄りの動物病院へ。
ですが、フェレットを診られるという病院だったのですが
上手く採血できずに、病名も分からず。。。( ̄ω ̄;)
(フェレットはエキゾチックアニマルと言うジャンルで
きちんと診られるお医者さんが少ないのです)


なので、手術も出来るお医者様を紹介してもらって
少し離れた病院へ。。。



d0157704_19261871.jpg







この時点で、もしかして…と言う予感はしていました。




結果は、フェレットに多いと言われる
インスリノーマ
という膵臓に腫瘍ができる病気。
これにより低血糖になるのが、
動きが緩慢だった原因だったのでした。


ここで決断を迫られたのは、
薬で押さえて、様子を見ながらの、内科的治療と
腫瘍を手術して、切除してしまう、外科的治療。


最近の流れでは内科的治療を希望する人がほとんどですが
転移もあるし、根本治療では無い。
でも、外科的治療をしても再発は70%…
という本当に難しい選択でした。。。
お医者様は積極的に外科的治療をするお医者様で
私達家族も色々考えた上で、ヒカルが今後、一番楽に生活できる可能性の高い
手術の方を選択する事にしました。




d0157704_19261842.jpg




手術までは少し日にちがあったので
それまではカリカリのごはんをふやかして与えたり
薬を飲ませたり、家族は本当にヒカルの事しか考えて無かったな…




1月25日、

手術をして、無事に腫瘍を取り除きました。





麻酔でぐったりとした様子や
痛々しい手術の痕、点滴の様子、
子供達にはそれはそれはショックな出来事だったと思いますが

入院中はほとんど毎日病院へ通い
様子を見たりご飯を届けたり。
そんな最中に職場が急に閉店とか……Σ(゚_゚;)!!!

そんなこんなで色々ありすぎて
ちょっと気持ちが参っていた時期だったと思います。





d0157704_19261813.jpg




1月29日、退院♪


採血の為に毛を剃った腕や
手術の痕に貼ったテープ、痩せた体…
とっても辛かったですが、退院して戻ってきてくれたのが
私達にとっては本当に光が差したようで、
嬉しくてソワソワしてしまいました。









退院から二週間弱。


抜糸もして
本当に驚くほど元気になって
家中を動き回るようになったヒカルが
今私の近くに居ます(*^_^*)





d0157704_19261810.jpg






今回は大成功の事案なのですよ、
とお医者様には言われました。

確かに、今後再発するかもしれない。


でも、今ヒカルがこんなに元気に走り回っているのを見て
私達のあの選択は、ヒカルにとって間違っていなかったのかな
って思えます。





深刻な記事ですみません(;><)
我が家にとっては本当に大きな出来事で、
ヒカルの存在の大きさを再確認できた試練でした。。。



これからも、私たち家族と一緒に、長生きしようね♪








いつも遊びに来ていただいてありがとうございます。
コメントできない方も「いいね!」代わりに
ポチしていただけたら嬉しいです☆

更新の励みになってます♪
どうか応援よろしくお願います(*´ェ`*)

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村



by hahanoyasumijikan | 2019-02-10 20:46 | Comments(2)